google.com, pub-2455774939218282, DIRECT, f08c47fec0942fa0 ワイパーのビビりを止める方法とは?発生する原因も解説

ワイパーのビビりを止める方法とは?発生する原因も解説

みなさんこんにちは。がちゃぶろクロスです。
車のワイパーを使用したときに「ビビり」が発生したことありませんか?
ワイパーがスムーズに動かず、少しゴムを引きずりながら動いたりしたことありませんか?

今回はそんなワイパーの「ビビり」について、原因と対策を解説していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめです。

ワイパーのビビりを改善したい
なぜビビりが発生するか知りたい

ワイパーのビビりが発生する原因と止める方法

ビビりが発生する原因の最たる部分はワイパーゴムの劣化あるいはブレードの劣化です。

ビビりを止める方法は主に3種類あります。

ビビり止めを使用する
ワイパーゴム/ブレードを新品へ交換する
フロントガラスの油膜や汚れを除去する

ビビり止めを使用する

カー用品店などできちんと専用のアイテムが購入できます。
使用方法も簡単でワイパーに専用の液を塗布するだけです。
数分程度の作業で即効性のあるアイテムです。

価格も1,000円程度と比較的安価でお求めやすいかと思います。
液を塗布後は約30分程度乾燥する必要がありますので、注意が必要です。

ワイパーゴム/ブレードを新品へ交換する

この対策が一番効果はあります。
ワイパーゴムを交換することで動きが良くなり、ビビりも解消するケースが大半です。

まれにワイパーゴムを交換しても解消されないケースがありますが
その場合は大元のワイパーブレードも併せて交換すると改善する場合があります。

フロントガラスの油膜や汚れを除去する

これは基本的な部分でもありますがフロントガラスに油膜や汚れが付着していると
それが起因となってビビりに繋がることがあります。

毎回する必要はありませんが
「ビビりが発生したなぁ」という場合はフロントガラスの汚れ具合もチェックすると
改善に繋がります。

まとめ

・ワイパーのビビりが発生する原因はワイパーゴムやワイパーブレードの劣化が大半です。

・カー用品店などで販売しているビビり止めをワイパーゴムに塗布することで改善しますが
あまりにもゴムの劣化が激しい場合はゴム及びブレードの本体交換をおススメします。

・フロントガラスの汚れも原因のひとつになりますので、ビビりが発生した場合は
ガラスの状況を確認して油膜や汚れ等があれば除去することで症状が改善するケースもあります。

いつもアクセスありがとうございます。
下記フォローしてもらえると喜びます!!
これからもみなさんの為になるような記事を更新していきます。
よろしくお願いします(^^♪

がちゃぶろ クロスブログ - にほんブログ村
人気ブログランキング - 投票処理中

ではまた次の記事までごきげんよう(-ω-)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました