スタッドレスタイヤを夏に使用出来る?使用した場合のリスク3選

みなさんこんにちは。がちゃぶろクロスです。

さて、タイトルにあるように冬場に使用するタイヤ「スタッドレスタイヤ」を

もう今シーズン限りで履きつぶすから冬が終わっても春夏と履き続けたみたいな経験ないですか?

夏タイヤの溝が無いから、新しいタイヤに履き替えるまでとか

そもそも同じタイヤなんだから、スタッドレスを履いとけばずっと履き替えなくていいじゃん

って人もおられるかと思います。

今回はそんな割とありがちな使用方法についてのリスクを洗い出してみようと思います。

この記事を読むことでスタッドレスタイヤを冬場以外でも使用し続ける事のリスクを把握する事が出来、適正・順応性の重要さが分かるようになり、結果安全や燃費さまざまな効果に繋がることが見えてきます。

夏タイヤとスタッドレスタイヤの違いはこれだ!

ゴムの素材

ゴムの素材に違いがあります。

夏タイヤは冬になり、気温が低下するとグリップ性能が低下します。

それと引き換えスタッドレスタイヤはやわらかさがあるので、冬でも路面に密着します。

ただし、スタッドレスタイヤは熱を持ちやすい素材の為、夏場の熱くなったアスファルトの上だと

発熱し本来の性能を発揮できなくなります。

排水性能

夏タイヤは路面上の水分を効率的に排水出来るので、グリップが失われるリスクが低いです。

しかしスタッドレスタイヤはというと薄い被膜を吸い上げる構造になっているので

厚い被膜(豪雨など)だと吸い上げきれず、結果グリップ力を失うリスクがあります。

適応路面

そもそもの話です。

夏タイヤは冬以外の路面、スタッドレスタイヤは冬の積雪路面・凍結路面を走行することを

想定されて作られているので安全設計に違いが生じます。

夏タイヤは舗装路において、スタッドレスタイヤよりも性能は高いように作られています。

一方でスタッドレスタイヤは冬場の積雪した路面、凍結した路面でもしっかりグリップ出来るように

設計しているので、そういった路面に対しては性能を発揮します。

リスク3選

スタッドレスタイヤをそのまま夏タイヤとして使用した場合のリスクについて

深堀りしていきましょう。

雨天時に滑りやすい

これほんと危険です。

スタッドレスタイヤは凍結した路面上に出来た被膜を掻き分けて路面との密着を上げて走行出来るよう

作られています。

ですが雨天時のように大量の水を掻き分ける性能は持ち合わせていなので、車が路面から浮いてしまい

ハンドル操作が効かなくなる可能性があります。

制動距離が長くなる

※制動距離=ブレーキを掛けてから車が停まるまでの距離

設計段階で夏タイヤは冬季以外のすべての環境において適応出来るように作られています。

その為、車の制動距離もスタッドレスタイヤと比較するとはるかに良い性能を持っています。

スタッドレスタイヤはゴムの柔らかさが影響し、構造上制動距離が長くなる傾向にあります。

夏タイヤだったら、このぐらいの距離で停まれたって距離がスタッドレスタイヤを履いてると

停まれなくなるということです。

タイヤがバーストするリスクがある

※バースト=タイヤが破裂すること

スタッドレスタイヤはゴム自体がやわらかいので変形して発熱しやすい傾向にあります。

冬季以外の特に夏季はアスファルトも焼けて熱くなります。そんな環境下で走行していると

ゴムに熱がこもり、結果タイヤがバーストするといったリスクがあります。

まとめ

そもそも夏タイヤとスタッドレスタイヤはそれぞれ使用環境下における性能を発揮するために

作られているので適材適所、つまりその環境に見合ったタイヤを使用することが

リスクを回避し安全に車の運転をすることが出来る条件になります。

①運転時に滑りやすい
②制動距離が長くなる
③バーストするリスクが高くなる

スタッドレスタイヤを年中通して履くことはリスクでしかありません。

スタッドレスタイヤは名前の通り冬季専用のタイヤという認識をすべきです。

タイヤは路面と唯一接地している部分です。

重要性を理解し、安全なカーライフを送ってください。

アクセスありがとうございます。
フォローしてもらえると喜びます!!
よろしくお願いします(^^♪

がちゃぶろ クロスブログ - にほんブログ村
人気ブログランキング - 投票処理中

ではでは!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました